プロ家庭教師は料金が高いほど効果は出るのか

授業をするプロ家庭教師プロ家庭教師に依頼をする際に、値段の違いに驚くことがあります。
「プロ家庭教師は料金が高いほど効果は出るのか」という疑問が自ずと湧いてきます。
ズバリお答えすると家庭教師の値段と指導による効果は比例しません。
つまり料金が高いからといって、必ずしも効果が高いとは言えませんし、値段が安いからといって必ずしも効果が低くなってしまうということでないのです。
そもそも、家庭教師の質とは値段で推し量れるものでしょうか。
安い料金で家庭教師を雇ったとしても、生徒との相性が抜群に良く、生徒も勉強を楽しくでき、成績がぐんぐんと上がることもあります。
逆に高いお金を払えば効果が抜群だと考え、高額な料金を支払い家庭教師を雇ったとしても、生徒のレベルに合わせた指導をせず、難しい問題ばかりを生徒に挑戦させ、結果的に成績が伸び悩んでしまうこともあります。
重要なのは、生徒の学力や性格にあった家庭教師を選ぶことではないでしょうか。
一般的に「高い」とされる家庭教師はそれ相応の指導をしてくれます。
つまり高額な値段に見合った学力レベルの生徒をターゲットに想定しているということになります。
企業によっては◯◯コースというように値段をコースで分類している場合もあるように、あくまで値段というのは、「どこまでのレベルの指導をその家庭教師に求めるか」という指標でしかないのです。
とはいえ、企業側も家庭教師の質に自信があるからこそ、それなりの高額な値段を示しているとも言えます。
では逆に値段の低い家庭教師の場合はどうなのかというと、高額な家庭教師と比べると家庭教師自身の学力は劣るかもしれません。
指導できるレベルもある程度のところまでかもしれません。
ですが、学力は多少劣るけれども、勉強のコツを分かりやすく生徒へ指導できる人や、生徒の「分からない」という気持ちをより理解してあげられる人がいるかもしれません。
ひとえに家庭教師と言っても、どうしても学力の差や指導力の違いは生じてしまいます。
ですが決してその要素が、効果を出せる(=成績が良くなる)ということに繋がる訳ではありません。
なぜならば最終的にどれだけ努力するかは生徒自身なのだからです。
本当に効果を出したい(=成績を良くしたい)のであれば、値段で判断するのではなく、上記でも触れた様に、生徒にあった指導をできる家庭教師を選び、生徒の学力に伴った値段の指導を家庭教師に求めるべきではないでしょうか。

プロ家庭教師を雇う時に指導料以外にかかる費用

プロ家庭教師にかかる費用プロ家庭教師を雇う時にかかる主な費用は、指導料です。
指導料だけで、他の費用は必要ないこともあるのですが、派遣会社によっては、他の費用を請求することがあります。
教材の費用は自分で払わなければならないことがあります。
参考書や問題集の費用です。
これらの教材の費用が高額になることはありません。
高くても、5000円程度です。
普通は2000円から3000円程度のことが多いです。
ところが、教材の費用を高く請求する会社があるので、注意が必要になります。
高い場合は教材費に10万円以上請求することがあるので、親は驚きます。
このような高額な教材は必要ありません。
プロ家庭教師の指導は、教科書と問題集があれば、可能です。
教えることは先生の頭の中にきちんと入っています。
教材を見ながら、教えないといけない人はプロとは言えません。
派遣会社は高額の教材を売ることができたら、利益が大きいので言葉巧みに誘いをかけます。
お子さんのためにというのが、殺し文句です。
どんな親でも子供のためだったら、たくさんのお金を払おうとします。
その心理に付け込もうとするわけです。
このような会社は最初の段階で断るのが最善の方法です。
他に交通費を請求されることもあります。
これは正当な費用であり、払うのは何ら問題はありません。
先生の中には車を運転しない人もいます。
バスや電車を使って、生徒の家に来るのでその費用を負担します。
派遣会社は、できるだけ生徒の家に近い所に住んでいる家庭教師を派遣します。
遠くに住んでいる人を派遣すると、家に到着するまでの時間が長くなるので、なかなか授業を始められません。
もし、生徒の家の近くに適当な家庭教師がいない場合は、遠くから派遣することもあります。
その場合は、車の持っている人を選ぶので、先生の交通費を支払う必要はありません。
家庭教師の授業の時間は決まっています。
例えば、火曜日と金曜に2時間ずつと最初に決めてから、授業を開始します。
しかし、何らの理由によって、この授業時間を増やさなければならないことがあります。
その場合は、割増しの授業料が必要になります。
特に入試が近づいてきたら、授業のコマ数を増やすのはよくあることです。
だからと言って、指導料が極端に高くなるわけではありません。
増えたコマ数の分だけ高くなります。
例えば、1時間2000円で2時間頼んでいたのを、3時間にしたら指導料は6000円になります。
家庭教師はできるだけ料金体系が明瞭なところを選びましょう。

関連記事