国内で最安クラスのdiyで、プロ家庭教師を依頼

 国内で最安クラスのプロ家庭教師仲介組織といったら、diyがそのひとつに挙げられます。
diyはたいへん安価な仲介料で、プロ家庭教師を紹介しています。
紹介後は一切ノータッチで、授業料の中抜きはまったくおこなっていません。
生徒宅は、diyに登録してある家庭教師の中から選び、面接をします。
その結果その家庭教師に依頼することになれば、数千円の仲介料をdiyに支払います。
他の家庭教師とも面接できますが、面接するたび、同額の仲介料がかかります。
たいていは1人目で決まるようで、2人目にはほぼ確定するようです。
その後は、時給、交通費、当日キャンセルの場合の扱いなどを家庭教師と生徒宅の間で自由に決め、それ以降のトラブル時の対応などには、diyは一切介入しません。
面接の際には、生徒宅側で、身分証明書や卒業証書、教員免許や検定試験などの資格証明書を確認することが大事です。
誰にとってもそうした書類は、見てすぐにわかるものではありませんから、身分証明書以外は、コピーを渡すよう求めることです。
それを嫌がるようなら、経歴を疑った方がいいでしょう。
プロの家庭教師は、そうした書類を見せたがるし、コピーを渡したがるものです。
コピーが欲しいと言われたら、みな喜びます。
嬉しそうに、喜々として渡すかどうかで真偽はすぐわかります。

 面接の結果、その家庭教師でいいということになったら、諸事を家庭教師との間で決めます。
時給の目安もホームページに載っていますので、家庭教師側も、その範囲内というつもりでいます。
プロになりますので、その範囲内の高めの料金を考えてはいるでしょう。
生徒宅も、学生ではなく、社会人を望むということは、高めの料金を覚悟しているかもしれませんが、学生にしようかどちらにしようか迷っているときは、家庭教師によっては譲歩するかもしれません。
譲歩するかどうかは、交通の便なども大きく関係します。
通勤時間は大きな要素ですので、近所であれば、安い料金でも引き受ける可能性は高いでしょう。

 ホームページに載っている料金の目安は、非常に低めの料金ですが、家庭教師が他の派遣業者を通じて派遣された場合に受け取る報酬も似たようなものです。
家庭教師はたいてい複数の派遣業者に登録していますので、数倍の授業料になっている派遣業者を利用しても、こうした低料金のところを利用しても、紹介されるプロ家庭教師の質はまったく同じということになります。

関連記事