外国人のプロ家庭教師なら流行の最先端をいく英語も

 英会話を効率的に学びたい場合は、外国人のプロ家庭教師が向いているでしょう。
やはり英会話はネイティブスピーカーに教わることです。
日本の教材や帰国子女、留学経験者からでは、流行の最先端をいく英語というのはなかなか学びづらいものです。
英会話を目的として生きた英語を学ぶには、ネイティブから学ぶことが大事です。
受験英語なら、日本人の、難関大学合格者から学ぶべきでしょう。
我が子を一般入試で難関大学に合格させることを望んでいる場合は、AO入試や、帰国子女枠で入ったのではなく、一般入試で合格した家庭教師にすることです。
しかし、英会話力となると話はまったく別です。
ある程度、英語の文法がわかっているなら、あとは発音を身につけ語彙を増やし、言い回しに慣れることが大事です。

 英語がまったく分からない場合は、小学校低学年までなら、いきなり外国人のプロ家庭教師をつけてもなんとかなるでしょうが、小学校高学年以降となると、あまり能率のいい方法とは言えなくなります。
とりあえずは英語の文法をきちんと学んで、基礎を身につけてから、英会話に取り組んだほうがいいでしょう。
留学とは違い、日本で生活してほとんどの時間は日本語を使っているわけですので、1日数時間の英語学習で自然と喋れるようになることはありません。
相当短時間の英語学習で英会話がそこそこできるようにするためには、文法から入るしかありません。
文法がわかってさえいれば、あとは覚えている構文に英単語を当てはめていけばいいだけになりますので、応用が利きます。
ブロークンで単語の羅列でなんとかしようとしているうちに、いつの間にか話せるようになるというのは、小学校低学年までか、それ以降なら現地で生活する場合です。
日本で生活していてそこそこの年齢になっていたら、日本人の家庭教師から英語の文法の基礎を学んだあとに、ネイティブスピーカーのプロ家庭教師に学ぶという方法がいいでしょう。

 外国人でも、教えることを仕事にしている以上は、日本語もしゃべれることは必須です。
しばらく日本にいて、ほとんど日本語がしゃべれないとしたら、それは語学があまり得意ではないということになり、教える仕事には向いていないと言えます。
例えば日本人が外国で暮らして、現地の人に日本語を教える場合、現地の言葉をまったく覚えることなく日本語が教えられるかどうかということを考えてみると、それは明らかです。
ネイティブでかつ、日本語をかなり覚えていることが大事です。

関連記事